政府、アレルギーに対応した食料の備蓄を自治体の努力義務として初めて明記

更新日:8月23日




政府は、6月に見直した国の防災基本計画で、アレルギーに対応した食料の備蓄を、自治体の努力義務として初めて明記しました。

災害時、アレルギーのある住民が避難先で誤食したり、食事に不安を覚えて避難をためらったりするケースがあるため。都道府県や市町村が今後、それぞれの地域防災計画に反映させます。  


食物アレルギーの原因は鶏卵や牛乳、小麦、甲殻類、落花生などさまざまで、重い症状の場合、呼吸困難などで命の危険があります。 (添付画像参照)

 

2011年の東日本大震災では、避難所に対応食の備蓄がなく、炊き出しなども原材料が分からないため、多くのアレルギー患者が苦労しました。

最新記事

すべて表示

大規模災害における人的被害は60歳以上の割合が多いです。その為、事前の備えが災害時の被害を左右致します。 何を備える・準備しておけば分からない方にとっては福岡県が発信している 「シニア世代の防災手引き」に目を通すことをお勧め致します。 地震や大雨・台風などの災害別の心得や用意・対策するべきことが記載されております。 出展元:福岡県「シニア世代の防災の手引き」

内閣府は「第5次男女共同参画基本計画」において、男女共同参画の視点からの防災・復興ガイドラインの活用徹底と、ガイドラインに基づく地方公共団体の取組状況をフォローアップし、「見える化」することを掲げています。 そこで、ガイドラインの内容に基づく地方公共団体の男女共同参画の視点からの防災・復興に係る取組状況の把握(令和3年1月1日~12月31日)とともに、好事例の収集及び今後の取組促進に向けた課題の抽

9月1日は防災の日で、避難訓練を実施したところも多いと思います。 では、避難訓練は、どのくらいの頻度で行えばいいのでしょうか? バリアフリー防災の対象になる保育所での避難訓練は、児童福祉法と消防法により、避難訓練の規定があります。児童福祉法では、児童福祉施設最低基準の第六条で、次のように書かれています。 第六条 『児童福祉施設においては、軽便消火器等の消火用具、非常口その他非常災害に必要な設備を設